商品受け取りをしても8日以内であれば通信販売での商品の解約も可能

NO IMAGE

送られてくるカタログやチラシなどを眺めたり、通信販売でのお買い物は楽しいもの、商品選びをする消費者は掲載をされている広告を唯一の情報源としています。
だからこそ広告内容は十分に商品内容を説明してある必要がありますし、不十分な広告内容の記載であった際に、あとから何かしらのトラブルにつながりかねません。

現在通信販売の広告に関しては曖昧でわかりにくい内容はNG、これは特商法により定められていることです。
広告内容に関しての規定は細かく、表示義務があるひとつは返還または取引の特約に関して、これは商品の引き渡しなど権利移転後のことになります。

表示は従来から義務付けられてはいましたが、改正に折り売買契約申し込み撤回または解除に値する項目として、返品特約の有無をわかりやすく消費者に伝えることは今では必須です。

多くの消費者に自社製品を認知しえもらい購入に結び付けるためにも、業者はあらゆる広告を打ち出しはしますが、通信販売での広告制作では特商法の規定に従い、明確な表示をする事が必要になってきます。表示が誤解を与えるものではないなら、消費者トラブルをそのことで未然に防止ができるためです。

返品特約が広告にないのであれば、通信販売利用の商品は8日以内だったら返品をすることができます。この際の送料に関しては事業者ではなく消費者が負担、これを条件にしての返品が可能です。返品特約のルール通りに表示をしてあるなら、通信販売広告であっても特商法の改正によりこの限りではありません。

写真で見て気に入ったため通信販売で購入をしたものの、届いて実際に目にしたら衣類等で自分に合わないと感じることもあります。似合わないなら返品をしたいと考えますから、返品の記載がないなら8日以内なら返品ができるという事です。

これまでも特商法で返品特約の明記に関しては義務付けられてはいましたが、返品交換に関連した問題は通信販売でもはやお馴染みというくらい多発状態でした。

クーリング・オフ規定がなぜトラブルが多いのに導入されなかったかと言えば、買う側の購入意欲や自主性の尊重からのことです。この点は訪問販売とは異なるところ、通信販売だからのことでもあります。

原則として特商法では指定権利や商品に関して今では、売買契約申し込みを撤回で切ることになっていますが、経済産業省令で決めた規則で返品特約の記載をしてあればその限りではありません。
商品を消費者が受け取ったら、タイムリミットは8日間と心得て返品を検討することです。