通販サイトで特商法の記入があることを確かめる必要性

NO IMAGE

安心して仕入れるようにしよう

商品の仕入先は通販サイトを使うとわざわざ店に行く必要がなく、自宅にいながらにして受け取れます。
通販サイトは海外の商品であれば現地の物価や人件費が安く、国内で購入するより割安になって人気です。
仕入れはなるべく安くしたいもので、まとめて注文すると一個あたりの価格が下がり利益を出しやすくなります。通販サイトを使うときは特商法を守っていれば不正をされる心配がなく、きちんと表記があるか確かめて利用すると効果的です。

海外の通販サイトは運営会社の情報が分からないと不安になり、詐欺のリスクもあり住所や代表者の名前、電話番号、メールアドレスが明記されているか確かめる必要があります。また、日本語に対応し返品や交換ができるか確かめ、クーリングオフ制度があれば安心して利用しやすいです。

消費者トラブルが起きないようにしよう

せどりや転売ビジネスをするときは消費者トラブルが起きないよう注意し、ルールを守ってリピーターを確保するよう努めることが大事です。
消費者トラブルは商品に対して期待通りではないために起き、誇大広告や嘘の情報を流さないようにする必要があります。誇大広告は商品の特徴を良く見せるため数字を水増し、ライバルよりも有利であるとアピールすることです。
また、仕入れた商品を相手に売るときは偽物を手に入れてしまうとその場で返品や交換が必要で、そのまま流すとさらに信用を失うことになります。

このため、特商法を守り個人情報の保護をしているか確かめ、ほかの目的で利用されないようにすることが重要です。消費者トラブルが起きる要因は偽物を手に入れてしまうことが多く、特商法を守って取引をすると防げます。

相手の顔が分からないため慎重に行おう

通販サイトはインターネットで注文ができて便利ですが、販売者と対面ではなく偽物の商品を受け取るリスクもあります。
このため、自分自身で店舗で商品を仕入れる人も多いですが、時間のむだになり量が少ないと非効率的です。
せどりや転売ビジネスは仕入れや売却をネットでするとスムーズに取引ができ、限られた時間の中で数を増やせるようになります。通販サイトは国内だけでなく海外のサイトもあり、まとめて仕入れると1個あたりの単価が安くなり利益を出しやすくなり効果的です。
しかし、販売元の情報や特商法に関する表記があるか確かめて利用しないと詐欺が起きやすく、価格が安いことで飛びつかないようにする必要があります。