LIVE配信などの動画ビジネスをするときに注意すべきこと

NO IMAGE

相手のことを考えよう

最近ではインターネットの普及とともにYou Tubeやニコニコ動画など無料で好みのジャンルの作品を視聴できるようになり、投稿して再生数やアフィリエイトで収益を得る人が増えています。YouTuberは世界的に有名な動画投稿サイトのYouTuberで稼ぐ人たちのことで、成功すれば年収が1億円を実現できることでも有名です。

しかし、動画を作成して投稿するときにはマナーを守り、視聴者が不快にならないよう最適な内容を考えないといけません。
稼ぐためにはただ単に動画を作って投稿するだけでは意味がなく、リピートしてもらえるようにすることが必要です。
内容を伝えるときは動画や写真とナレーション、BGMを組み合わせますが、稼げるようにするためには相手が求めていることを把握しないと限界があります。

・やってはいけないことを理解しよう

動画を作って投稿するときは他人の真似をすると著作権に違反することや、誹謗中傷をして相手に嫌がらせをするような行為はやってはいけないことです。
ライバーとして趣味や近況報告などを伝えるときはただ単に言いたいことを口に出すと相手も飽きてしまうため、コメント機能やSNSを使ってリクエストをするなど考えないといけません。YouTuberは個人事業主になると自由に稼げるようになりますが、収益をきちんと申告し収入の額に応じて所得税を支払うことが必要です。

このため、申告漏れをして税金の支払いを避けることはやってはいけないことで、収益があれば支払調書で税務署に報告されているため所得隠しをすると追徴課税を課されて損をすることになります。

・自分オリジナルの作品にするよう心がけよう

YouTuberとして稼げるようにするためには人気のジャンルになると投稿者が多くなり、他人の真似をしようと考えるものです。

しかし、あまり似ていると視聴者にバレたり相手に違反報告をされることもあり、アカウントが削除されてしまうと稼げなくなります。個人事業主になるときは安定して稼げるようにしないと意味がなく、規約違反などでアカウントを停止されてしまうとチャンスロスになり注意が必要です。

ライバーになるときは話し方やBGMの選び方だけでなく、オリジナルのサムネイルにして差別化をすると個性を出せます。

動画ビジネスで稼げるようにするためには最初にチャンネル登録の数を増やし、次にリピートしてもらえるよう視聴者のニーズに応えることが大事です。